« これが本物(?)の青鯰です | トップページ | 元祖(?)白帯特急 »

2008年11月27日 (木)

幕車だった7301F

M7301 「似非パノラマカー」こと7300系のトップナンバーは行先表示幕の試験車でもありました。種別幕はともかく、系統(行先)板代わりの表示幕は、いかにも外付けと言った感じで、安普請感は否めませんでした。構造も極めて簡素で、幕は確か手動で動かしていたはずです。

良く見るとわかりますが、表示幕の前には「系統板受け」もありますので、幕にない行先のときは、そのまま系統板を入れて走ってもいました。

7300系は足回りこそ釣り掛け式(旧型車のリサイクル)でしたが、ほぼ同時期に登場の7000系7次車に準じた車体で、これでもしっかりミュージックホーンと「座席指定」表示器まで付いていたんですから、ローカル運用なら「乗り得」な車両でした(さすがに、座特運用は無かったようですが)。

|

« これが本物(?)の青鯰です | トップページ | 元祖(?)白帯特急 »

h2.車体更新車・HL車-優等・その他」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
かなり昔はミュージックホーンを鳴らして鳴海駅を颯爽と通過していく7300系の刈谷経由吉良吉田行き特急を見たことがあります。
確か駅のポスターでは「新車登場!」と紹介されていた覚えがあるのですが、ある時、グリーンのAL車と連結して走っているのを見て、「え?新車なのに何で古い電車に連結してるの?」と子供ながらに不思議だったことを覚えています。
そういえば、7300系の座席指定運用、臨時ではあったみたいですね。

投稿: 中京 | 2010年2月28日 (日) 00:34

コメント有難うございます。

>そういえば、7300系の座席指定運用、臨時ではあったみたいですね。

例の『名称列車®』でしょうか。確かに証拠が残っていましたね。随分前、誰かに尋ねた際には、使用実績なしとの回答でしたので、それまでは私も知りませんでした。

投稿: AoNamazu | 2010年2月28日 (日) 08:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527883/43240658

この記事へのトラックバック一覧です: 幕車だった7301F:

« これが本物(?)の青鯰です | トップページ | 元祖(?)白帯特急 »