« 北アルプス号 | トップページ | 布袋の7041F »

2008年12月15日 (月)

豊鉄へ初遠征

5_2名鉄以外の私鉄と言いましても、当時は金銭的にも限界がありましたので、豊橋鉄道が最初の『遠征』でした。

それまで、岐阜方面は幼少期から祖父や母に連れられて乗る機会もありましたが、豊橋方面は全くの初めて。前々から豊橋駅が1線折り返しで運用しているのは聞いていましたが、まさか本当にそうだったとは、現地に着いても俄かには信じられない思いでした。

8初上陸(?)の豊鉄ではまず、市内線の終点にある赤岩口車庫へ。この当時でも3700形はすでに第一線から外れているようで、時々しか動いてなかったような記憶があります。3300形は名鉄から転属したばかりの頃ですね。

次ぎは鉄道線の高師へ。まだ鉄道貨物がどこでも生きていた時代ですね。名鉄のデキ400形似のデキに思わず駆け寄って行きました。

9ここまで来て、高師車庫を訪ねない手はありません(と言って、はじめからここがお目当てですが)。今ではこの建物も焼失してしまいましたね。

当時も車両数はそんなに多くなかったはずですが、名鉄を引退した車両に他社からの譲渡車、実にバラエティー豊かな車両が在籍しており、見ていて飽きなかったですね。

写真には撮り損ねましたが、花田貨物駅には電動貨車も目撃しており、初めての豊鉄は大変刺激的でした。

|

« 北アルプス号 | トップページ | 布袋の7041F »

m.傍系関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527883/43426130

この記事へのトラックバック一覧です: 豊鉄へ初遠征:

« 北アルプス号 | トップページ | 布袋の7041F »