« 2300形瀬戸⇔土居下急行 | トップページ | 改装中の『なまず』 »

2009年10月 5日 (月)

750形堀川急行

M0759 750形759号、語呂合わせで『ナゴ球』と呼んでましたっけ。

で、写真を見てあり得ない取り合わせとピンと来た方はどの位でしょうか。根っからの名鉄ファンであれば一目瞭然ですね。そうです。実際にこの写真の様な『堀川急行』が運転されたことはありません。

言うなれば『やらせ写真』なんですが、これは偶然の産物で撮影できたものでした。ホームの飾り付けからお分かりのように、瀬戸線600Vさよなら式典の当日、偶々運用に付いていたモ702+モ759の編成が折り返し『土居下』行きへ系統板を変える際、チラッと見えた『堀川』表示に、駅員さんにお願いしてご好意で即席撮影会となったものです。

『土居下』表示を追加する際に、てっきり『堀川』表示は塗り潰されたものと思っていましたが、瀬戸線の昇圧直前まで系統板に残されていたのですね。その代わり『大津町』は見あたりませんでしたから、きっとそこに『土居下』を上書きしたものと思われます。

そう言えば、この『ブック式系統版』も名鉄独自のものですね。当時、同様のモノは例えば名市営地下鉄などにもありましたが、他社では縦めくり(上下にめくる)が主流なのに対し、名鉄では写真のような横めくり(左右にめくる)が採用されていました。

|

« 2300形瀬戸⇔土居下急行 | トップページ | 改装中の『なまず』 »

e3.瀬戸線600V時代」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
堀川急行はなかったですが、750形の急行や特急は結構運転されていたようですね。
どんな走りっぷりだったのか非常に興味があります。

投稿: 中京 | 2010年2月21日 (日) 20:22

コメント有難うございます。
確か702号が牽引車で759号はTc車扱い(動力カット)だったと思います。
走りっぷりは1500VAL車と遜色ないものだったと記憶しています。
元々瀬戸線は75km/hが最高速度だったと思いましたので、高が知れていますが。

投稿: AoNamazu | 2010年2月22日 (月) 20:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527883/46319716

この記事へのトラックバック一覧です: 750形堀川急行:

« 2300形瀬戸⇔土居下急行 | トップページ | 改装中の『なまず』 »