« 700形入場中 | トップページ | 3780系瀬戸急行 »

2009年11月17日 (火)

瀬戸線時代のモ702号

M0702_2 モ702号つながりで、瀬戸線時代の写真を選んでみました。先にも書きました通り、瀬戸線時代は最後まで残った緑塗装車で、モ759号と殆ど固定で編成を組んでいました。

撮影地は喜多山駅ですね。ちょっとボケた感じになっているのは、一応稚拙ながら『流し撮り』をした結果です。現在は急行停車駅の喜多山ですが、当時は準急停車駅。つまり急行は喜多山始発を除いて全列車通過していました。

当時の急行停車駅は52年改正前の『特急』停車駅と同じで、大曾根を出ると三郷のみ停車でした。喜多山・小幡が急行停車駅に追加されたのは、53年の栄町乗り入れ時の白紙ダイヤ改正以降です。今の基幹駅、尾張旭に至っては普通しか止まりませんでした。

|

« 700形入場中 | トップページ | 3780系瀬戸急行 »

e3.瀬戸線600V時代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527883/46753362

この記事へのトラックバック一覧です: 瀬戸線時代のモ702号:

« 700形入場中 | トップページ | 3780系瀬戸急行 »