« 昔日の大曽根駅 | トップページ | 3550系豊明ダラ【御礼3500count突破】 »

2010年1月26日 (火)

昔日の喜多山分工場

7_2 正式には『新川工場喜多山分工場』ですね。ご存知の通り、現在の検修設備は尾張旭検車場に移っています。喜多山分工場では殆どの事を行っていたようですが、全検・重検時には新川工場から派遣(一時的な増員)を受けて実施していたとお聞きしたことがあります。

環状2号線がすぐ横を通る予定だったとは当時全く知らず、付近もいかにも昔ながらの宿場町的な様相を呈していました。一応名古屋市とは言え、守山区は新興住宅地と瀬戸街道沿いの古い町並みが隣り合わせになった、他の区とはちょっと違った雰囲気がありました。

あと数年(数ヶ月?)経てば、この風景など全く想像できないほどに変わってしまうのでしょうね、きっと。

|

« 昔日の大曽根駅 | トップページ | 3550系豊明ダラ【御礼3500count突破】 »

e3.瀬戸線600V時代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527883/47376731

この記事へのトラックバック一覧です: 昔日の喜多山分工場:

« 昔日の大曽根駅 | トップページ | 3550系豊明ダラ【御礼3500count突破】 »