« 600形小倉号 | トップページ | 3800系半田準急【御礼3800count突破】 »

2010年2月 3日 (水)

モ3721号【御礼3700count突破】

M3721 3700countの御礼にはそれなりの写真がありましたので、今回は何とかなりました。

3700系はご存知の通り、戦前・戦中に統合した各社が持っていた雑多な木造HL車の車体を載せ変えたイメージですね。ですから、車体と台車がアンバランスで実に貧弱な『年代もの』の台車を履いていました。

その中で唯一、モ3721号は日車製の試作台車ND-502を履いていました。写真では暗くて分かりづらいかも知れませんが、コイルばね台車がご確認いただけるかと思います。直接的な理由は種車のモ3200形を廃車にせず、そのままク2300形・ク2320形に再利用したため、最後の3編成は『新車扱い』となったからですね。2両分のM台車は予備品を手当てしましたが、最後の1両は試作台車を使ったのだそうです。

本来の計画であれば、試験の結果を踏まえて同型の台車を新製して順次、雑多な3700系の台車を履き替える予定だったのが、コストとの兼ね合いで中止になった経緯があったと聞いた記憶があります。(琴電へ放出することになったのも中止の一因でしょうね)

|

« 600形小倉号 | トップページ | 3800系半田準急【御礼3800count突破】 »

h2.車体更新車・HL車-優等・その他」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
3700系もAL車が多かった時代は新しい車両に見えました。
こうした新車扱いの編成もあったんですね。全然知りませんでした。

投稿: 中京 | 2010年2月21日 (日) 18:57

コメント有難うございます。
3721号に乗車したこともありますが、当時の名鉄はまだまだ貧弱なレール(路盤)が多く残っていましたので、他のHLとの差が殆ど分かりませんでした(車両よりも路盤に問題があったように思います)。
『新車扱い』とは言っても飽くまで書類上の話ですが、確かに車体はそこそこきれいでしたね。

投稿: AoNamazu | 2010年2月23日 (火) 20:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527883/47433133

この記事へのトラックバック一覧です: モ3721号【御礼3700count突破】 :

« 600形小倉号 | トップページ | 3800系半田準急【御礼3800count突破】 »