« 6000系蒲郡急行【御礼6200count突破】 | トップページ | 《AprilFool》 5500系2連豊橋急行【御礼6300count突破】 »

2010年3月31日 (水)

ク2702号佐屋準急

Hl2702 6000系や今までの記事とは何の脈絡もありませんが、今回はこれを選んでみました。

ク2702号はご承知の通り、名鉄初の高運車ですね。3704Fと3両だけ、3700系の最終増備車として登場しました。3700系の登場時(1次車)はモ3701-モ3702のように全車M車でしたので、その欠番を埋めるために登場しました。

この2702号は本来なら3702号と組むのでしょうが、3702号は後にク2701号へ改番(電装解除)されています。で、当時増備中だった3730系のモ3749号と組むことになったのですが、このために『ク2749号』が欠番となってしまいました。この辺がどうも不思議ですね。ひょっとしたら、忌み番でもある49番を一つでも欠番にしたかったのかも知れません。

|

« 6000系蒲郡急行【御礼6200count突破】 | トップページ | 《AprilFool》 5500系2連豊橋急行【御礼6300count突破】 »

h2.車体更新車・HL車-優等・その他」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
確かにこの編成だけ変わった数字の組み合わせになっていたので、どうも不思議でした。49は確かに忌み番なのですね。
7000系は49に行く前の7048で終わっていますね。
ただ6000系は6049Fが出、まさか出るとは思わなかった4000系が出、いったいどういういきさつだったんでしょうね。

投稿: 中京 | 2010年4月18日 (日) 21:19

コメント有難うございます。

名鉄が4000系をずっと出さなかったのは初代のモ400形に災厄が相次いだことが原因だったとする説と、単に5000系以降はオールMで使用機会がなかったと言う説などがあるようですね。
ご承知の通り、モ400形は戦後に単車改造の連接車で早々に使用しており、7000系が7048号までなのは、それ以降の増備を6000系にスイッチしたと解釈すれば『忌み番』は無いことになります。逆に、新通勤車(6000系)を出す時に4000番台を使わなかったのは『忌み番』を嫌ったとも解釈できます。
その時々の担当者(経営者?)で左右されたのかも知れませんし、3730系の追番は仕方ないと諦めていたのかも知れません。(私も経緯の詳細は存じません)

4000系の登場は、21世紀を迎えて今更『忌み番』もないだろう、との名鉄の意思表示ではないでしょうか?(インフレナンバーを嫌う方が『忌み番』を嫌うよりも勝った、とも解釈できます)

投稿: AoNamazu | 2010年4月18日 (日) 22:30

はじめまして、ク2702を検索してたら貴殿の記事が検索にかかりましたので閲覧させていただきました。
私はnゲージを趣味でしておりまして、鉄道コレクションの3700系と3730系使ってこの編成を製作しようと思ったのですが殆ど資料が無くて困っておりました。
是非参考にさせて頂きたいのですが、この写真はいつ頃撮影されたものでしょうか?ヘッドライトが原型ですが晩年までそのままだったのか気になりまして。また、相棒のモ3749もご存知でしたら教えて頂きたく書き込みを致しました。
おわかりの範囲で構いませんのでご教授頂けますか?

投稿: HAL | 2016年6月 8日 (水) 15:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527883/47881000

この記事へのトラックバック一覧です: ク2702号佐屋準急:

« 6000系蒲郡急行【御礼6200count突破】 | トップページ | 《AprilFool》 5500系2連豊橋急行【御礼6300count突破】 »