« 太田川検車区で佇むデキ | トップページ | 往年の八百津駅 »

2010年8月22日 (日)

3770系岐阜ダラ

C2773 なんの脈絡もなくてすみません。今回はこんな写真を選んでみました。(少々ネタ切れ気味です…)

3770系は何で3770系なのか、興味の付きない形式でしたね。3730系の派生系であることは間違いないのですが、なぜ『3770系』なのか、詳細を知れば知るほど適切な解説が出来ない形式でした…。

もともと3730系はロングシートで登場して、雑多な木造HL車を置き換え(更新)して、輸送力増強を目指したのですが、途中でクロスシートに仕様変更していますね。本来なら、切りのいい3751Fから別形式として3750系にすればすっきりしたのですが、なぜか3752F以降をクロス化して、更に最終期の3730系クロスシート車をわざわざ3770系に改番していますね。

|

« 太田川検車区で佇むデキ | トップページ | 往年の八百津駅 »

h1.車体更新車・HL車-ダラ運用」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
3770系はなぜ3770系なのかと、私も思っていました。また最初3776Fだけが瀬戸線に行ったのも不思議に思っていました。
最後はかなりの編成が瀬戸線に移って、一瞬冷房が付いたのかと間違えるようなラインデリアが付きましたね。

投稿: 中京 | 2010年8月22日 (日) 20:54

中京さん、こんにちは。
コメント有難うございます。

結局3770系は全車瀬戸線に集結していましたね。当初、3776Fだけ入線したのは、3780系の検査用予備車としてでした。その割には普通に運用に入っていましたが…。
その後はご承知の通り、栄町乗り入れが予想以上に好調であったため、3770系の残りと3730系まで動員されて、一時的にかなり冷房化率が下がっていましたね。何しろ、友人曰く『朝のラッシュは殺人的な混雑』だったようですから。
確か、3730系は扇風機(3880系の廃車発生品)を付けていたのではなかったでしょうか。

投稿: AoNamazu | 2010年8月23日 (月) 06:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527883/49106495

この記事へのトラックバック一覧です: 3770系岐阜ダラ:

« 太田川検車区で佇むデキ | トップページ | 往年の八百津駅 »