« 名市営3000形浄心ダラ | トップページ | 犬山モノレール »

2010年10月23日 (土)

玉ノ井駅遠景

M3758 何だか駅めぐりのような感じになってきましたが、今回もこんな写真を選んでみました。ご覧になればお分かりの通り玉ノ井駅の様子です。

今は立派な駅舎(?)ができたようですが、それまではつい最近までこの状態とそう大きく変わらなかったのではないでしょうか(車両はそれなりに立派になっていたでしょうが)。

ここから徒歩でも十数分の所には木曽川橋が掛かっていますね。その昔は橋の袂までそのまま線路が伸びていて、対岸の西笠松(当時は笠松)駅との間で徒歩・バス連絡を行って岐阜までの、いわば本線筋にあたっていました。

一宮高架化の折には一時的に単独線(封じ込め)状態になって、中には「そのまま廃線か?」との観測も流れましたが、今もワンマン化されることもなく、トランパス(IC)対応も無事工事されて、取り敢えずの所は廃止の気配はありませんね。

|

« 名市営3000形浄心ダラ | トップページ | 犬山モノレール »

h1.車体更新車・HL車-ダラ運用」カテゴリの記事

l.その他(上記以外)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
この区間に乗ったのはちょうど一宮が高架化工事をしている時で5500系が封じ込められた時でした。
手前の奥町駅でほとんどの人が降りてしまって、終点まで乗る人は少なかったですね。
今は様子が変わったようですね。

投稿: 中京 | 2010年10月23日 (土) 18:55

中京さん、こんにちは。
再びのコメント、有難うございます。

『封じ込め』の時は一部のファンの間で5500系と共に「このまま『切捨て』か?」などと言われたこともありましたね(何の根拠もありませんでしたが)。

この写真の当時も飽くまで噂レベルでしたが、西中金~猿投間と共に奥町~玉ノ井間(名鉄の本音としては新一宮~玉ノ井間?)が最も危ない、などと言われていました。
特に、奥町は当時有人駅でそこそこ乗客もあったにも拘らず、玉ノ井は復活させたものの乗客が付かないので「すぐにでも廃止したいのでは?」などと噂されていました。

ご承知の通り、玉ノ井駅は実に中途半端な感じで線路が途切れていますね。それも廃止説を後押ししていました…。

投稿: AoNamazu | 2010年10月24日 (日) 06:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527883/49822646

この記事へのトラックバック一覧です: 玉ノ井駅遠景:

« 名市営3000形浄心ダラ | トップページ | 犬山モノレール »