« 大江に憩うデキ603とデキ400 | トップページ | 岐阜工場の600形 »

2010年11月19日 (金)

往年の大江駅構内

C2791 大江駅つながりで今回はこんな写真を選んでみました。大江駅も結構なんだカンダと移り変わりが激しい駅の一つですね。

まずはこの数年後に常滑方面の待避線が整備され、そして中部HSSTの実験線がこの築港支線の複線用地を利用して建設され、その後に橋上駅化と築港支線専用ホームができて、更に現在は実験線が撤去されています。写真にある側線も結構変わっているのではないでしょうか。当時は6両編成の留置は出来なかったと思います。今は確か3本位6両以上の留置が可能ではなかったでしょうか。

余談ながら、築港支線はこの写真当時でも既に単線化されていましたが、僅かながらその名残も、ご覧の通り残っていました。名古屋臨海鉄道線が開業するまでは、東名古屋港周辺では築港支線が唯一の貨物線でしたから結構賑わっていたようですが、この当時は殆ど貨物取扱はなかったのではないでしょうか。

|

« 大江に憩うデキ603とデキ400 | トップページ | 岐阜工場の600形 »

c3.AL車-優等・その他」カテゴリの記事

h1.車体更新車・HL車-ダラ運用」カテゴリの記事

l.その他(上記以外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527883/50073973

この記事へのトラックバック一覧です: 往年の大江駅構内:

« 大江に憩うデキ603とデキ400 | トップページ | 岐阜工場の600形 »