« 3730系岐阜ダラ | トップページ | 往年の瀬戸線 »

2010年12月30日 (木)

3700系西中金ダラ

M3715 今回はこんな写真を選んでみました。何の変哲もないHL車が続きますがご了承下さい。(ネタ切れ気味ですみません)

この列車は確か、知立から直通ではなかったかと思います。前にも申しました通り、猿投~西中金間は名鉄では異例の40分置きのダイヤで運行されていましたので、30分おきダイヤの知立~猿投間と必ずしも接続を取っていませんでした。それでも昼間は2時間に1本、朝夕には1時間に1本程度の知立から直通列車が設定されていました。

当時の使用車両は圧倒的にHL車で占められていましたが、私の記憶にある限り、3700系がよく入っていたような記憶があります。ご承知の通り、この時代の3700系はクロスシートでしたから、ビビり振動や揺れはともかく、比較的待遇の良い車両と考えてもいいかと思います。前回の竹鼻線が殆ど3730系の、しかもロングが入っていたのとはなぜか対照的ですね。この辺の『こだわり』はなぜなのか、思いつくと言えば一応、三河山線は足助などが控えた『観光路線』だったからでしょうか。

|

« 3730系岐阜ダラ | トップページ | 往年の瀬戸線 »

h1.車体更新車・HL車-ダラ運用」カテゴリの記事

コメント

Aonamazuさん、こんばんは。
駅の表示にも「西中金・足助方面」と書いてありますね。
暗いので良く分かりませんがこれはどこの駅でしょうか?
確か3700系のドア開閉音は片開きでも、他のAL車や3850系&5500系&7000系(2次車まで)などと違ったユニークな音がしていた覚えがあります。

投稿: 中京 | 2010年12月30日 (木) 18:57

中京さん、こんばんは。
再びのコメントを有難うございます。

駅名を書き忘れており、失礼しました。これは猿投駅です。まるで足助まで三河線が走っているような感じになっていますね。
写真では分かりにくいのですが、『足助』の下には括弧書きで『西中金でバスにのりかえ』と書かれてありました。

今となっては3700系と3730系の扉音の違いが曖昧になっていますが、似たような音ではなかったでしょうか?

投稿: AoNamazu | 2010年12月30日 (木) 20:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527883/50438566

この記事へのトラックバック一覧です: 3700系西中金ダラ:

« 3730系岐阜ダラ | トップページ | 往年の瀬戸線 »