« 金山橋の6000系と国鉄荷物車 | トップページ | 3780系栄町ダラ »

2011年1月17日 (月)

3730系新安城ダラ

M3736 今回はこんな写真を選んでみました。この所HLづいていますが、特に意味はありません(ネタ切れ気味ですが…)。

3730系は総勢32編成(ク2702号含む)と大所帯でしたから、写真に撮った数も多いですね。これを撮ったのは、多分『新安城』行きのダラが珍しかったからだろうと思いますが、特に何かの臨時ではなく定期スジで、そんなには珍しくないのではと思います。記憶が曖昧ですが、平日(ラッシュ時)限定の列車だったのかも知れません。

それにしても、窓全開で走っていますね。撮ったのは初夏の辺りだったと思いますので、ラッシュ時の非冷房車は蒸し風呂状態でしたから、全開にしたくなる気持ちも分かりますね。ただ、座席はロングですから、何かあったらそのまま転落しそうでちょっと怖い気もします…。

|

« 金山橋の6000系と国鉄荷物車 | トップページ | 3780系栄町ダラ »

h1.車体更新車・HL車-ダラ運用」カテゴリの記事

コメント

Aonamazuさん、こんばんは。
この頃はAL車もHL車も東急から来た3880系を除いて扇風機すらなかったので、窓を閉めると夏はサウナ状態でしたね。
しかし、HL車の新安城行きってかなり貴重な気がします。
この折り返しがどんな運用だったのかも非常に気になりますね。(西尾線・蒲郡線でHLは見たことがなかったので)

投稿: 中京 | 2011年1月18日 (火) 22:49

中京さん、こんにちは。
再びコメントを有難うございます。

非冷房車では当たり前の風景だと思っていたのですが、東京では誰も開けようとしないのにビックリした思い出があります。名鉄とは違って、扇風機は全車に装備されていましたが。
(早朝の列車に乗ると、私は片っ端から開けていました…)

この運用の後は確かに興味がありますね。仰る通り、西・蒲線でHLは殆ど見ませんでしたし、国府(豊川線機織り運用)まで持って行ったとしても1編成で足りるでしょうし。
知立切り離しも本線ホームでは出来ませんので、考えられるとすれば、鳴海・豊明辺りでの切落しでしょうか。

投稿: AoNamazu | 2011年1月19日 (水) 06:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527883/50568090

この記事へのトラックバック一覧です: 3730系新安城ダラ:

« 金山橋の6000系と国鉄荷物車 | トップページ | 3780系栄町ダラ »