« 3600系豊明準急 | トップページ | 新川工場の3400系【御礼24000count突破】 »

2011年1月23日 (日)

大曽根駅のデキ200形とDD13型

Dk201dd13 今回はちょっと趣向を変えて、こんな写真を選んでみました。600V時代の大曽根駅では国鉄(当時)と貨物の受け渡しをしていました。

国鉄側の貨物受渡し線は非電化でしたので、ご覧のようにDD13型が牽引して大曽根駅まで貨車を持ってきていました。この時は国鉄⇒名鉄のみの貨車引渡しでしたが、同時に『受渡し』をすることもあるのか、別々のスジが設定されていたのかは私には不明です。(恐らく別スジではないかと…)

以前にデキ202号機が単独で大曽根駅まで回送されてきた写真をご紹介しましたが、その際に渡された貨車が、この写真でDD13型が牽引しているものでした。全部は写っていませんが貨車は5両程度と短かった記憶があります。
その後に、デキ201号機が連結している貨車を引き渡すとばかり思っていましたら、ご覧の通り完全に寝たまま動こうとはせず、そうこうしているうちにDD13型もどこかへ引っ込んでしまいました。

|

« 3600系豊明準急 | トップページ | 新川工場の3400系【御礼24000count突破】 »

e3.瀬戸線600V時代」カテゴリの記事

f.デキ・LE」カテゴリの記事

n.旧国鉄・JR」カテゴリの記事

コメント

Aonamazuさん、こんばんは。
デキ200型は昇圧で車両が総入れ替えになった時に大忙しでしたね。
貨車引渡しのところは全く見たことがありませんでした。
今の瀬戸線からは想像できない光景ですね。

投稿: 中京 | 2011年1月23日 (日) 21:23

中京さん、こんにちは。
連日コメントを頂き、有難うございます。

少々大袈裟に言えば、デキ200が2両いたからこそ瀬戸線の昇圧(車両総入替え)が実現できた、とも言えそうですね。

貨車引渡しは偶々見られました。これも確か夏休みの平日に行った時のもので、これ以外には、1500V車の回送を含めて私も現場を見た事がありません。

投稿: AoNamazu | 2011年1月24日 (月) 06:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527883/50663027

この記事へのトラックバック一覧です: 大曽根駅のデキ200形とDD13型:

« 3600系豊明準急 | トップページ | 新川工場の3400系【御礼24000count突破】 »