« 豊橋駅で一息入れる旧国 | トップページ | 国鉄『お座敷列車の旅』号 »

2011年4月16日 (土)

3700系岐阜⇔三柿野準急

Hl3711 今回はこんな写真を選んでみました。毎度ながら、脈絡なく選んでおりますので、なにとぞご了承下さい。その昔の各務原線には、こんな列車も走っていました。

一般的な『機織り』(折り返し)運用はダラ(普通)が殆どなんですが、唯一準急運用で矢印板を使っていました。当時のダイヤは、まだ犬山・各務原線に『高速』が残っていた時代。急行は全て新鵜沼止まりで、岐阜~三柿野間にこの準急運用が1時間に1本ありました。

この列車にはHL車がよく使われていました。そういえば、この時に使われていた3711Fは瀬戸線にいた車両ですね。瀬戸線昇圧後は再び本線に戻されて、1500V用に再改造されて使われていました。瀬戸線では最新の『特急車』として活躍していただけあって、大切にされていたのでしょうね、3700系で最後まで残ったのは瀬戸線『出戻り』グループが多数を占めていました。

|

« 豊橋駅で一息入れる旧国 | トップページ | 国鉄『お座敷列車の旅』号 »

h2.車体更新車・HL車-優等・その他」カテゴリの記事

コメント

Aonamazuさん、こんばんは。
このダイヤはよく覚えています。なぜ準急が三柿野止まりだったのかはちょっと不思議でしたね。
今の瀬戸線は4000系が入った後6000系がどうなるのか話題になっていますが、3700系はきっちり本線に戻されましたね。
瀬戸線では新しく、デラックスに見えた車両でした。

投稿: 中京 | 2011年4月16日 (土) 21:48

中京さん、こんにちは。
連日のコメントを有難うございます。

確かに仰る通り、なぜ『三柿野』だったのかは分かりませんね。当時の輸送量としては、岐阜へ向かう流れが三柿野で段落ちしていたのでしょうか。ダラが毎時2本あるとはいえ、当時は他に高速が毎時1本きりでしたから…。

瀬戸線時代の3700系は光っていましたね。6000系は再び本線の線路を踏めるのかどうか分かりませんが、戻ったとしても他の6000系と混ざってしまいそうですね。

投稿: AoNamazu | 2011年4月17日 (日) 08:36

はじめまして。30数年前の幼稚園~小学校時代に祖父母が鵜沼に住んでいたために当時の犬山線、各務原線によくお世話になっていました。今回偶然このページを見つけて、本当に懐かしく楽しませて頂いております。

新岐阜~三柿野の準急、懐かしいです。もっとも新鵜沼まで行かないので乗る事はほとんどありませんでしたが・・・当時は3900型が来る事が多かった犬山線直通高速で、夏など目一杯開けた窓から入るつりかけ音と鐘の踏切音が懐かしいです。

そういえば当時のダイヤでは、平日は毎時1本の高速に上飯田直通ダラが2本、三柿野折返し準急が1本でしたが、土休日は上飯田直通の1本が準急になって、三柿野折返しがダラになっていたような記憶があります。

投稿: KWAN | 2011年9月 5日 (月) 15:14

KWANさん、こんばんは。
こちらこそはじめまして。

各務原線のダイヤはその時代時代で少しずつ変化していますね。あいにく上飯田準急は記憶にないものの、上飯田ダラは3700系のものが他の記事にありますので、どうぞご覧下さい。

岐阜⇔三柿野ダラは新鵜沼急行が三柿野延長になったダイヤ(通常ダイヤです)時のものが記憶に残っています。これも当時の急行と共に三柿野で撮った写真がありますので、併せてご覧頂ければ幸いです。

3900系の『常滑高速』も懐かしいですね。岐阜まで遠征するようになった頃はSR車(5000系など)に代わっていましたが、金山橋辺りでは何度も目にしています(御嵩発も混ざっていますが)。

色々ご覧いただければ、きっと懐かしい写真もまだまだあると思いますので、今後も宜しくお願い致します。(写真の腕は決してよくありませんが…)

投稿: AoNamazu | 2011年9月 5日 (月) 22:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527883/51405504

この記事へのトラックバック一覧です: 3700系岐阜⇔三柿野準急:

« 豊橋駅で一息入れる旧国 | トップページ | 国鉄『お座敷列車の旅』号 »