« 7000系青い鳥号 | トップページ | 【御礼35000count突破】モ813号御嵩ダラ »

2011年5月29日 (日)

3770系半田ダラ

M3774 休日運行2日目を進めて参りましょう。今回はこんな写真を選んでみました。ここはどこか、すぐにお分かりの方は、かなりドップリと『名鉄沼』に浸かっている方でしょうね。斯く言う私も首まで(頭まで?)浸かっている口ですが…。
若い人だと場所は分かっても、こんなアングルから撮れたことに不思議な感じを抱くでしょうね、きっと。(今なら線路に体を埋めない限り不可能ですね)

3770系はこの写真を撮った2~3年後に、全車が瀬戸線へ転属となっていますね。いわゆるHL車の中では6編成きりと一際『小所帯』の形式で、一般的には『3730系のクロスシート版』と解説されることが多いのですが、その中身(生い立ち)を知れば知るほど訳の分からなくなる形式ですね。

3730系のクロスシート改造車(現場では3750系との『呼び名』も聞いたことがあります)との違いを一言で表すと、単に『形式(車番)が違うだけ』という事になってしまいます。まさか、登場(車体更新)当初から瀬戸線へ持っていくことなど想像もしていないでしょうから、6編成だけのミニ形式をわざわざ作って区別する必要はなかったはずなんですが、その辺がいかにも『名鉄らしい』と言う感じですね。

|

« 7000系青い鳥号 | トップページ | 【御礼35000count突破】モ813号御嵩ダラ »

h1.車体更新車・HL車-ダラ運用」カテゴリの記事

コメント

Aonamazuさん、こんばんは。
一瞬にしてここがどこか分かった私も、かなり名鉄沼に浸かっていますね。
確かに最初からクロスシートで出ただけでどうして形式を変えたのか、非常に不思議でした。まさか全車瀬戸線へ行くとも思っていませんでした。
名鉄の形式の付け方は本当に奥深いですね。

投稿: 中京 | 2011年5月29日 (日) 18:54

中京さん、こんばんは。
連日のコメントを有難うございます。

戯言にお付き合い頂き、恐縮です。その昔は『底なし沼』かと思われたものの、この頃は何だか『底が知れ』てきたような感じがしてちょっと寂しさも感じますね。
とは言え名鉄の事ですから、NSRの『一般特急』の一件といい、まだまだ『底なし』の何かを持っているのでしょうね。

3770系はご承知の通り、一度3730系の追番として付番(登場)したものの、わざわざ改番されていますね。その辺も実に不思議なところですね。

投稿: AoNamazu | 2011年5月29日 (日) 19:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527883/51797275

この記事へのトラックバック一覧です: 3770系半田ダラ:

« 7000系青い鳥号 | トップページ | 【御礼35000count突破】モ813号御嵩ダラ »