« 6000系常滑ダラ | トップページ | 510形岐阜急行 »

2011年8月27日 (土)

3700系佐屋準急

Hl3721_2休日ダイヤを進めて参りましょう。ここは何処かお分かりでしょうか。今と若干雰囲気が違っていますので、特に若い方などは戸惑うかもしれませんが、配線(高さ)が若干変わった以外は今もこのままですね。

そう言えば、この頃の名鉄車両は何日置きに洗車しているのか私には不明ですが、この当時は新聞報道などでおおよそ半月に1度と言われていました。同時期の国鉄は4日に1回だったそうですから、名鉄車を撮るなら雨の日が良い、などと噂し合っていたこともありました。この時も雨が降ったおかげ(?)で、結構きれいな感じですね。

この3721号は3700系では唯一、新造台車を履いた車両ですね。この写真では台車までしっかりと映っていないのが残念ですが、僅かにウイングばね台車が覗いているのがお分かり頂けるでしょうか。

|

« 6000系常滑ダラ | トップページ | 510形岐阜急行 »

h2.車体更新車・HL車-優等・その他」カテゴリの記事

コメント

Aonamazuさん、こんばんは。
場所はすぐに分かりました。
名鉄に限らず、洗車ってどのくらいの頻度で行なっているんでしょうか。
JRでも、年数がある程度経ったステンレス車は汚れが目立ちますね。
3721Fが新造台車をはいているとは知りませんでした。3700系(2代目)も本当に奥が深い形式ですね。

投稿: 中京 | 2011年8月27日 (土) 21:10

中京さん、こんばんは。
連日のコメントを有難うございます。

名鉄も犬山検車が出来た後は、おおよそ1週間置きに短縮されたと聞いていますが、今は新川などにも自動洗車機が付きましたので、もう少し短いのかも知れません。

3721号は3200形(=2300形)が種車ですので、種台車がなかったことも理由だと聞いたことがあります。
木造車の台車を引き継いだ3700系は雑多な台車を履いていましたので、その置き換えを考えて日車の試作台車を履いたようですが、コストの関係で実際の『履き替え』はご承知の通り、AL車の廃車が始まるまで待たされていました。

投稿: AoNamazu | 2011年8月27日 (土) 22:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527883/52576710

この記事へのトラックバック一覧です: 3700系佐屋準急:

« 6000系常滑ダラ | トップページ | 510形岐阜急行 »