« 3790系大江⇔東名古屋港ダラ | トップページ | 880形就役記念列車【御礼49000count突破】 »

2011年11月27日 (日)

検車区があった頃の太田川

M34002週1仕業の運行再開です。昨日は新装なる太田川駅の内覧会が開催されたようですね。河和線からの合流ホームが上階に分かれるなど、何だか大規模な駅に生まれ変わるようですね。すっかりこの頃の面影がなくなってしまう寂しさはありますものの、それも時代の流れですね。

さて、この頃の太田川は頻繁に車両の増解結が行われており、その留置線としてもこの太田川検車区は使われていました。この時は3400系が入庫して何やらパンかグラフの周りをいろいろと検査していました。見ている限りは架線は『生き』ている様子でしたので、ちょっとドキドキして作業を見守っていたのを思い出しました。

今はメンテナンスフリー化も進んで、作業も随分と楽にはなったのでしょうが、当時は手間のかかるAL車・HL車がそれこそゴマンとあった時代。当時でさえ結構『年季』の入った車両が多かったのですから、その『お世話』は結構大変だったのだろうと思います。車両を長持ちさせるのは、それに見合った技術があったからに他なりませんが、それはいわば『卵が先か鶏が先か』と同じように、名鉄には必要だからこそ、保守技術が蓄積されたとも言えそうですね。

|

« 3790系大江⇔東名古屋港ダラ | トップページ | 880形就役記念列車【御礼49000count突破】 »

c1.OR車(3400系含む)」カテゴリの記事

h2.車体更新車・HL車-優等・その他」カテゴリの記事

l.その他(上記以外)」カテゴリの記事

コメント

Aonamazuさん、こんばんは。
いよいよ太田川駅も高架駅に生まれ変わるんですね。
「名鉄駅の激変Best10」に入るくらいの変わりっぷりかもしれません。
本線沿線在住だった私が太田川駅に初めて足を踏み入れたのは確か中学生の時で、最初は検車区があるとは全く知りませんでした。
常滑線・河和線・知多新線の重要な拠点駅ですね。

投稿: 中京 | 2011年11月27日 (日) 19:49

中京さん、こんばんは。
お返事が遅れまして、失礼しました。

太田川は確かにすっかり変わってしまいますね。某写真掲示板に『検車区』があった事すら全く知らない世代のコメントを見て、愕然としてしましました…。

写真当時でもかなり少なくなっていましたが、その昔は折り返し列車も頻繁にあり、その入換と増解結の妙味を堪能できる駅で、一時は結構通った駅でもありました。
毎時2本の通過列車(ミュースカイ)ができるとは、当時は思いもよりませんでしたね。

投稿: AoNamazu | 2011年11月28日 (月) 22:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527883/53344771

この記事へのトラックバック一覧です: 検車区があった頃の太田川:

« 3790系大江⇔東名古屋港ダラ | トップページ | 880形就役記念列車【御礼49000count突破】 »