« 2904Fの回送 | トップページ | 6000系岐阜ダラ »

2012年2月26日 (日)

750形喜多山ダラ【御礼54000count突破】

M0759一週飛ばしてしまい、失礼致しました。にも拘らず54000count突破を頂き、有難うございます。ネタも切れ気味ですので、今回はこんな写真を選んでみました。
ここは、今までにも何度かご紹介していますが、若い方にはもう馴染みが薄くなってしまっているでしょうね。(私からすると、つい最近までこのままの姿だった気がしているんですが…)

既に閉鎖・取り壊しになって久しいですね。高架化工事はかなり進捗しているのでしょうか。尾張旭検車場が出来る前まではこの喜多山検車場が瀬戸線の重要な基地となっていました。当時は『新川工場喜多山分工場』というのが正式名称で、組織上は新川工場に属しており、大規模な改造・改修工事や全検・重検の際には新川工場から係員が応援に来ていたようです。

さて、写真のモ759号は750系の最終増備車ですね。他の750系よりも車体長が一回り大きくなり、歯数比も高速仕様になっていました。同時増備の760号は一足早く廃車されて、1両だけ異端車として平成まで生き延びていますが、ひょっとしたら、揖斐・谷汲線へ転属の際に、他の750系と性能を揃える改造を行っていたのかも知れません。

|

« 2904Fの回送 | トップページ | 6000系岐阜ダラ »

e3.瀬戸線600V時代」カテゴリの記事

コメント

Aonamazuさん、こんにちは。
おそらくこの759号だったと思うのですが、急行に乗ったことがあります。
急行ということで900形か3700系が来るかと思っていたのですが、緑色の本線では想像も付かないような車両が来たことに、びっくり仰天しました。
今出会ったら感涙ものですね。

投稿: 中京 | 2012年2月26日 (日) 15:43

中京さん、こんばんは。
毎度コメントを有難うございます。

759号+702号の編成は、私の知る限りではこうして喜多山で『寝て』いることが多かったと思います。
唯一『600Vお別れ』の日には、この滅多に『動かない』編成が急行運用に入っており、うれしい半面、MHが聞けないのでちょっと寂しい思いで見ていました。
その際の写真は過去にご紹介したとおりです。

投稿: AoNamazu | 2012年2月26日 (日) 21:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527883/54023446

この記事へのトラックバック一覧です: 750形喜多山ダラ【御礼54000count突破】:

« 2904Fの回送 | トップページ | 6000系岐阜ダラ »