« 伏見の名市営3000系 | トップページ | 【御礼55000count突破】5500系常滑ダラ »

2012年3月17日 (土)

山線のLE-Car

D00203761新ネタが入荷しましたので、土曜日も休日運行を再開致しましょう。カテゴリーに出していたのも拘わらず長らくお待たせしていましたLE-Carを、今回は選んでみました。
この駅は、今では様子が変わってしまいましたが、おおよそお分かりですね。今や『終着駅』と化して、ちょっと(かなり?)寂しくなってしまいました。

LE-Carはご承知の通り、八百津線に日本で(世界で?)初めて導入されて、閑散線区の輸送コスト削減に貢献していましたね。次に導入されたのがこの『山線』猿投~西中金間で、そして最後が『海線』ですね。
写真は20形ですね。10形がいかにも『バス』然とした感じだったのに対し、ちょっと『気動車寄り』になった感じで、まさに『相の子』でしたね。10形のイメージで20形を見ると、随分でかい感じがしましたっけ…。

|

« 伏見の名市営3000系 | トップページ | 【御礼55000count突破】5500系常滑ダラ »

f.デキ・LE」カテゴリの記事

コメント

Aonamazuさん、こんばんは。
20形は10形を大きくした感じ、でしたね。
それまで電車が走っていた線区がレールバスに置き換わってしまう、ということ自体がかなり私の中では大事件だったのですが、何とか残そう、という名鉄の必死の思いが10形、20形、30形には出ていたのかもしれないですね。

投稿: 中京 | 2012年3月17日 (土) 22:49

中京さん、こんにちは。
土曜日もお付き合い頂き、有難うございます。

LE-Carの登場は、結構センセーショナルでしたね。富士重の試作車が選りによって八百津線に入ったとき、「もしや?」とは思いましたが、わざわざ『架線下DC』を導入するとは、当時の常識からすると驚きでしたね。

一部ファンに600V線もLE化を、との意見もあったようですが、600V区間はLEよりも維持費が安かったようですね。

投稿: AoNamazu | 2012年3月18日 (日) 11:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527883/54236718

この記事へのトラックバック一覧です: 山線のLE-Car:

« 伏見の名市営3000系 | トップページ | 【御礼55000count突破】5500系常滑ダラ »