« 美濃町線の600形【御礼56000count突破】 | トップページ | 7000系+7700系白帯内海特急【御礼57000count突破】 »

2012年4月 8日 (日)

7700系+7000系白帯内海特急

M77007000休日運行2日目を進めて参りましょう。今回はこんな写真を選んでみました。この写真だけで場所が分かった方、かなりの名鉄通ですね。
高架橋工事がおおよそ完成して、下り線ももう少しで移転する感じですね。高架橋なのに、今でもほぼ変わらず『ツライチ』からこんな感じで撮れる場所、と言えばかなり絞られるはずですので、ご興味があれば探してみて下さい。

撮影年代は車両構成でおおよそお分かりだろうと思います。まだ1000系は構想段階。8800系が登場したての頃です。必然的に、当時の『特急車』は7000系・7700系の独壇場で、この頃になると本線に限らず、定期運用の特急に関しては、一応『白帯車』のみで運用できるようになっていたはずです。

河和線の特急(内海特急)は当時でもまだ6両が基本で、白帯車は4連・2連しかありませんでしたから、定期運用はこんな感じとなっていました。河和・内海行に関しては『展望席』が先頭になりますものの、犬山方面では折角の展望席が塞がれてしまう憾みがありましたね。とはいえ、当時の名鉄に『P6s』はどう見ても『使い勝手が悪い』(輸送力調整の出来ない)編成になってしまいますから、致し方なかったのですが…。
この当時に『P6s』を出していたならば、その後どのような変遷を辿ったか、などと夢想したりもしますが、もし、登場したとしても、結構『短命』に終わったことでしょうね、きっと。

|

« 美濃町線の600形【御礼56000count突破】 | トップページ | 7000系+7700系白帯内海特急【御礼57000count突破】 »

a1.P車7000系-特急」カテゴリの記事

b1.SR車7700系」カテゴリの記事

j.緑板特急」カテゴリの記事

コメント

AoNamazuさん、こんばんは。
ここは名和ですね。
高架前がどうだったか忘れてしまいました。
この組み合わせの内海特急は私はあまり見たことがなく、結構新鮮です。

投稿: 中京 | 2012年4月11日 (水) 21:12

中京さん、こんばんは。
毎度コメントをありがとうございます。

ちょっと分かりにくい写真で失礼致しました。実は神宮前~豊田本町間、丁度新堀川の土手から狙った写真なんです。当時はここから山崎川手前までの高架化工事が行われていました。

当時のいわゆる『河和線特急』は、日中の列車に必ず6両を充てていましたので、それほど珍しいものではありませんでした。逆に、本線特急が日中は4両で運行されていました。
まだ、河和線・知多新線が『観光路線』としての輝きを持っていた時代でした…。

投稿: AoNamazu | 2012年4月11日 (水) 22:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527883/54420263

この記事へのトラックバック一覧です: 7700系+7000系白帯内海特急:

« 美濃町線の600形【御礼56000count突破】 | トップページ | 7000系+7700系白帯内海特急【御礼57000count突破】 »