« 土居下(仮)駅の3700系瀬戸急行 | トップページ | 880形記念列車と590形【御礼59000count突破】 »

2012年5月20日 (日)

3730系新一宮⇔玉ノ井ダラ

M3758何だかこのところ週一運行になってしまいましたが、休日運行を進めて参りましょう。今回はこんな写真を選んでみました。ここは、若い人でもタイトルで大体お分かりですね。今では、この当時の面影を探しても見つからない位に大変貌を遂げてしまいましたね。

もともと新一宮は2面4線の発着線を持っていたようですが、この頃には2面3線となっていました。写真をよく見ると、尾西線ホームの継ぎ足した後と、何となく不自然に突き出た本線のホームが確認できると思います。
今でこそ、JRに圧されて『閑古鳥』の鳴く一宮ですが、当時はだだっ広い国鉄ホームは人影も疎ら、と言うよりは殆ど人影もなく、ひっきりなしに到着していた名鉄のホームにはご覧のとおり乗客が絶えませんでした。

それで、少しでも本線ホームを広げるために、尾西線の片線を本線に転用して、その分、本線のホームを拡張した姿でした。それでも決して広いホームではありませんでしたから、拡張前はいかに狭かったかがお分かりだろうと思います。今も基本的には土地配分を変えていないようですが、尾西線の脇には旧『起線』ホームを転用したバス発着所もあり、新一宮の駅舎もありましたから、今では結構広いホーム(構内)になっていますね。

|

« 土居下(仮)駅の3700系瀬戸急行 | トップページ | 880形記念列車と590形【御礼59000count突破】 »

h1.車体更新車・HL車-ダラ運用」カテゴリの記事

コメント

AoNamazuさん、こんにちは。
この頃の新一宮駅は賑わっていましたね。
一宮‐玉ノ井間はよく廃止の噂が流れたと聞いたことがありますが、実際乗ってみたら、奥町までは結構お客さんが乗っているんですよね。ただ奥町‐玉ノ井はガラガラでした。
この区間はほとんどHL車ばかりでしたが、一宮駅の高架工事の時に、5500系が閉じ込められていたことを思い出します。

投稿: 中京 | 2012年5月20日 (日) 12:17

中京さん、こんにちは。
運休がちにも拘らず、コメントを有難うございます。

今の一宮駅は当時と比べたら、まるで別の駅のように『静か』ですね。当時の喧騒を懐かしく感じてしまうのも寂しい限りです…。

確かに奥町で『段落ち』していましたね。ただ、奥町~玉ノ井間も朝夕に限っては結構乗客がありました。今もそこそこ乗客はいるようで、今となっては本線への貴重な『培養線』にもなっていますから、当分の間は『安泰』のようですね。

投稿: AoNamazu | 2012年5月20日 (日) 15:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527883/54749553

この記事へのトラックバック一覧です: 3730系新一宮⇔玉ノ井ダラ:

« 土居下(仮)駅の3700系瀬戸急行 | トップページ | 880形記念列車と590形【御礼59000count突破】 »