« 3780系瀬戸急行 | トップページ | 700形黒野ダラ »

2012年8月26日 (日)

3700系大曽根ダラ

M3706このところ更新が滞りがちですみません。今週は何とか週1運行を再開出来ました。
今回も、前回に引き続いて『瀬戸線HL』特集で参りましょう。
ここは何処か、これだけでお分かりの方は相当な『瀬戸線通』ですね。今までに出している写真の中にもヒントはありますから、過去ログをご覧になれば、多分お分かり頂けるかと思います。右側に僅かに写った貨車がキーポイントですね。

瀬戸線でHL車で使用した『系統板』(行先板)が先ごろ話題になりましたが、この板も登場はしていませんね。
そもそもHL車と言っても、今の若い人には精々最晩年の3780系位しか知らないでしょうから、この3700系の写真はさしずめ『太古の昔』になってしまいそうですが、私に取って『思い出の瀬戸線HL車』と言えば、この車両になってしまいます。栄町開業後は瀬戸線から遠ざかってしまったこともありますので…。

当時は土居下(仮)駅折り返しの関係で、ダラに限らず頻繁に『大曽根止まり』が運転されており、これもその1枚です。
堀川・大津町の『お濠区間』廃止前まではそれほどなかったように記憶していますが、名城線の全通後は大曽根乗換の乗客も増えていましたから、いわゆる『段落ち』もあっての設定でしょうね。
栄町開業後は当然のことながら、全て『栄町行き』となりましたので、大曽根止まりは消滅しています。

|

« 3780系瀬戸急行 | トップページ | 700形黒野ダラ »

e3.瀬戸線600V時代」カテゴリの記事

h1.車体更新車・HL車-ダラ運用」カテゴリの記事

コメント

AoNamazuさん、こんばんは。
確かにこの時期、大曽根止まりがあったのも分かりますね。私も恐らくこの時期に乗っているのですが、大曽根でガラガラになったのを覚えています。
本線系では古く見えた3700系も、瀬戸線では一番の新車に見えましたね。

投稿: 中京 | 2012年8月29日 (水) 21:17

中京さん、こんにちは。
毎度毎度、お返事が遅くてすみません。

当時の瀬戸線3700系は、何だか『特急車』としての風格があったように私も記憶しています。全金製の車体も然る事ながら、車内のリノリュームも本線系の薄汚れた感じではなく、ピカピカしていた印象があります。

本線に戻った途端に他のHLと完全に『同化』してしまっていましたから、この『白帯』も風格に欠かせないものだったのかも知れませんね。

投稿: AoNamazu | 2012年9月 2日 (日) 15:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527883/55513907

この記事へのトラックバック一覧です: 3700系大曽根ダラ:

« 3780系瀬戸急行 | トップページ | 700形黒野ダラ »