« 相鉄6000系急行横浜行き | トップページ | デキ600とデキ300 »

2012年10月21日 (日)

東急8500系急行渋谷行き

8500週一運行を再開致しましょう。今回も『銀色』ついでにこんな写真を選んでみました。(画像の不鮮明さはご了承下さい)
ここは何処かは、かなりの『有名地』ですから若い人でもお分かりでしょうね。大都会の真ん中の廃線跡は、今でもこのまま残っているようですね。

さて、東急も基本的には『門外漢』ですから、詳しい解説はできませんので、予めご了承下さい。
この8500系は確か、田園都市線の新玉川線直通用に造られたものですね。てっきり『専用車』だとばかり思っていましたが、当時の東横線にも何本かは走っていたのですね。東横線は8000系の独壇場だとばかり思っていましたので、ネガをスキャンした時には不鮮明さも手伝って、まさか8500系が写っているとは思っていませんでした。

桜木町もそうですが、今度は渋谷が創業以来の場所から移動することになりますね。副都心線と乗入れて、もう一つの壮大な乗り入れが始まりますね。東急線内で東武車両を見るのは(その逆も)実に奇異に感じましたが、今度は、それに西武まで加わり、訓練運転のために、東急車があの西武線を既に走っているようですね。
五島慶太・堤康次郎の両氏が生きていたなら絶対に実現しなかったであろうことが、もう『秒読み』になってきています。東横線渋谷駅を中心とした『再開発』も併せて行われるようですから、数年後にはまさに見違えるような感じになるのでしょうね、きっと。

|

« 相鉄6000系急行横浜行き | トップページ | デキ600とデキ300 »

o2.他社(関東・関西地方)」カテゴリの記事

コメント

AoNamazuさん、こんばんは。
東急8500系が東横線を走っていたのは見たことがないのですが、何かの文献でその写真を見たことがあります。先日西武所沢駅で東急5050系?が走っているのを見ましたがいよいよ直通運転が近づいて来ましたね。西武側のダイヤは恐らく飯能から快速→小竹向原から急行になっている渋谷行きがそのまま特急として元町・中華街まで行くのでは?と言われています。そうすると快速→急行→特急と、2回種別が変わるんですね。

投稿: 中京 | 2012年10月24日 (水) 18:56

中京さん、こんばんは。
毎度コメントを有難うございます。

渋谷駅には相互乗り入れのカウントダウンも登場して、いよいよと言った感じですね。

なるほど、西武線では『特急』表示は出せませんから、現行ダイヤを踏襲すると、仰るような種別変更を行う必要がありますね。
ちなみに、東横線のLED表示器は種別部分だけフルカラーに取り換えられており、ひょっとすると、西武線直通は『快速』のまま全区間走る可能性も『0』ではなさそうです。

田園都市線では乗り入れ先に合わせて『準急』設定の『前例』もありますから、前代未聞の東横線『快速』登場もあるかも知れませんね。

投稿: AoNamazu | 2012年10月24日 (水) 21:37

AoNamazuさん、こんばんは。
再コメントすみません。
原稿ダイヤで考えると、副都心線を急行で走っている運用が東横線の特急になるのでしょうか。
そうすると、西武飯能行きと東武川越市行きが特急になりそうですね。
前者だと東横線特急→副都心線急行→西武線快速、後者だと東横線特急→副都心線急行→東武線各停、というパターンになりそうです。
西武・メトロ・東武車両の東横線での特急表示が興味ありますね。

投稿: 中京 | 2012年10月26日 (金) 22:47

中京さん、こんにちは。
再コメントもどうぞ、お気軽に。

今までのインフォメーションを総合すると、確かに仰るようなダイヤが想像されますが、すると、東横線の『種別』表示はわざわざ交換する必要がないのです。(まさに取って付けたような感じです…)
ですから、ひょっとすると東横線の種別にも何かしらの『変化』が予想されます。

>西武・メトロ・東武車両の東横線での特急表示が興味ありますね。

西武・東武の車両はまだ見ていませんので不明ですが、メトロ車は既に走っています。
種別は赤表示ですから、ちょっと『急行』と紛らわしい感じを受けました。あと、表示器そのものが窮屈な感じですね。

投稿: AoNamazu | 2012年10月27日 (土) 07:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527883/55938422

この記事へのトラックバック一覧です: 東急8500系急行渋谷行き:

« 相鉄6000系急行横浜行き | トップページ | デキ600とデキ300 »