« 続 昔日の赤岩口車庫 | トップページ | 瀬戸線時代の703号 »

2012年12月 9日 (日)

【御礼70000count突破】7000系名古屋ダラ

M70001一週飛ばしてしまった間に、皆様方のご愛顧を頂いてお陰様で70000count突破を迎えることが出来ました。お礼と言っては何ですが、やっぱりコレですね。
浜P/Mさんからご教授頂いた『鑑定方法』を誤解していなければ、これは1次車で間違いないはずですが、合っていますでしょうか。(一応、その前提で書き進めたいと思います)

当時は、まだまだ7000系が名鉄に『ウジャウジャ』居た時代。6000系こそ登場していましたものの、まだ『最大勢力』は7000系でした。写真の左隅にもしっかり写っていますね。(本線系の各線に乗って、7000系を見ない方が至難の業でした…)
この世に存在するのは、辛うじて残った舞木の2両と、中京競馬場の3両、計5両のみ(中間車は1両きり)となってしまったのが、今以て信じられない気分です…。

さて、写真をよくご覧頂くと、運転席の窓周りはまだ登場時の『金具止め』のままですね。この写真でも、結構痛んでいる感じがお分かりかと思います。この写真から数年後には、全車が『黒Hゴム』化されていますので、1次車に限っては2階部分の窓周りが『ウイークポイント』だったようですね。聞くところに拠ると、この『金具止め』では窓ガラスの密着が悪くて、頻繁に『雨漏り』したための措置であったようですね。

|

« 続 昔日の赤岩口車庫 | トップページ | 瀬戸線時代の703号 »

a2.P車7000系-その他」カテゴリの記事

コメント

Aonamazuさん、こんばんは。
特急緑ないし黄色板の「名古屋」は見た覚えがあるのですが、一般の「名古屋」で運用されていたのは見た覚えがないです。(栄生はあるのですが・・・)
しかし、引退してからもう3年も経ってしまったんですね。
保存されている姿の5両は見たことがないのですが、状態も良いようで、今でも走れるんじゃないか、と思えるくらいでしょうね。

投稿: 中京 | 2012年12月 9日 (日) 21:43

Aonamazuさん、こんにちは。ご無沙汰しております。
70000count突破おめでとうございます。
そして、何よりそれに相応しいP車を久々に登場させていただきありがとうございます!
写真は1次車で間違いないと思います。特別整備前の美しい姿にしばし見とれてしまいました。よく見ると「名古屋」の「古」が少し左にオフセンターしてますね。縦線が蝶番にあたらないようにの配慮でしょうか。大半の車輌はセンター合わせしてましたので貴重な写真です。
BOOK「名古屋」運用は「中京」さんのコメントとおり、下り「栄生」行き使用が多かったこともあり、6両固定車は「名古屋」をつぶして「栄生」表示に変えた車輌もいました。
4両固定車では、上り「神宮前」行きで「名古屋」表示の運用もあり、末期まで「名古屋」が残っていたと思います。
それにしてもAonamazuさんの貴重な写真の在庫の豊富さには毎度脱帽です。

投稿: 浜P/M | 2012年12月12日 (水) 03:57

中京さん、こんにちは。
こちらもお返事が遅れまして、失礼致しました。

仰る通り『名古屋ダラ』は殆どが栄生まで運転していましたね。後に、栄生表記も増えてきましたが、分かり易さから『名古屋』表記にしていたようですね。

中京競馬場の保存車は一応、リニューアル時に手を入れたようですが、雨ざらしの『舞木』が心配ですね。何かあっても、本職が対応できるのが『強み』ですが。

投稿: AoNamazu | 2012年12月16日 (日) 10:30

浜P/Mさん、こんにちは。
こちらもお返事が遅れまして、失礼致しました。

浜P/Mさんから色々とご教示頂いたお陰様で、思ったよりも早く70000countを迎えることが出来ました。
改めて御礼申し上げます。

他にあまり見ていませんでしたので、BOOKの『名古屋』表記はこれが『標準』だと思っていたのですが、違ったのですね。
神宮前行きと言えば、初期(落成時?)の写真でBOOKの『神宮前』表記があったのを見た記憶があります。当時はまだ『神宮前特急』のあった時代ではないかと思いましたので、必要に応じて書き換えていたのですね。

投稿: AoNamazu | 2012年12月16日 (日) 10:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/527883/56283217

この記事へのトラックバック一覧です: 【御礼70000count突破】7000系名古屋ダラ:

« 続 昔日の赤岩口車庫 | トップページ | 瀬戸線時代の703号 »